有酸素運動は筋トレの前か後かどちらが良いのか?
スポンサーリンク

筋力トレーニングとランニングなどの有酸素運動を組み合わせてトレーニングを行なっている方も多いと思いますが、有酸素運動を筋トレの先に行なうか、後に行なうかで意味合いが大きく変わってきます。

筋肥大が目的であれば、必ず筋トレの後に有酸素運動を行なうようにしてください。

10分くらいのウォーミングアップ程度なら問題ありませんが、1時間くらいの有酸素運動を続けると、成長ホルモンの分泌が抑えられてしまいます。この状態で筋トレを行なっても成長ホルモンが分泌されずトレーニング効果が上がらなくなります。

せっかく辛い思いをして筋トレをしても成果が出ないなんて嫌ですよね?

逆に筋トレ後に有酸素運動を行なうと、初めから脂肪がエネルギーとして使われるので脂肪燃焼効果が上がります。1時間の有酸素運動を筋トレ前と後に行なうのでは、筋トレ後に行なった方が20%くらい脂肪燃焼効果が高いそうです。

有酸素運動の順番を筋トレの前にしてしまうと、筋トレの成果は上がらないうえに、有酸素運動の脂肪燃焼アップ効果も得られず良いことはありません。

もし筋トレと有酸素運動を組み合わせてトレーニングをしているなら、筋トレの後に行なうようにしてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事