筋肉の記憶!?マッスルメモリーとは?
スポンサーリンク

せっかくトレーニングをして筋肉がついても、ある程度の期間トレーニングを休むと筋肉は元の状態に戻ってしまいます。トレーニングした期間にもよりますが大体3ヶ月くらい休んでしまうとトレーニング前の状態近くまで落ちます。

しかしトレーニングで鍛えた筋肉は、筋肉量が落ちてしまってもしばらくの間は筋肉がつきやすい状態のため、例えば初めは3ヶ月掛かってつけた筋肉量でも、わずか1ヶ月くらいで同じ筋肉量をつけることができます。この現象をマッスルメモリーと呼びます。

筋力トレーニングを行い筋肉が太くなる過程で筋繊維の中の細胞核が増えます。細胞核はトレーニングを止めて筋力が落ちても、しばらくの間消えずに残っています。

この細胞核が残っている間は筋肉が太くなりやすい状態なので、トレーニングを再開すると速い速度で筋肥大が起こります。

以前トレーニングをしていて止めてしまっている方は、まだ筋肉に記憶が残っているかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事