トレーニングのスケジュール管理方法!
スポンサーリンク

以前書いた正しいトレーンング方法の中で、週に2~3回トレーニングを行なうと良いと書きましたが、具体的に筋トレのスケジュール管理方法を紹介します。

スポンサーリンク

トレーンングする日を曜日で分ける方法

これは平日に1回、週末に1回と分ける方法です。

平日は仕事で残業になったりすることもあるだろうし、あまり時間を取れない可能性もあるので、ノー残業デーなどの日に1回、土日の好きな方でもう1回トレーニングするというものです。トレーニングにあまり多くの時間が取れない人には有効な方法です。

週に2回しかトレーニングできませんが、トレーニングできない日は超回復の日と割り切りましょう。

スポンサーリンク

トレーンングする日を部位で分ける方法

超回復させるためにはトレーニング後48~72時間の休養が必要となります。

しかし一日目にトレーニングしていない部位は、筋肉疲労もありませんし超回復もしません。ということはトレーニング部位を変えれば2日連続でトレーニングできるということです。

月曜は上半身のみ、火曜は下半身のみをレーニングし、水曜は休養日にします。木曜はまた上半身を、金曜は下半身をトレーニングします。

この方法だと一度に部位を絞ってトレーニングできるため、一度に全身をトレーニングするよりも、圧倒的に1回のトレーニング時間が短くて済みます。

下の画像の場合は次の週の月曜日は下半身から始まります。

スポンサーリンク

私の体験談

筋トレの知識がまったくなかった頃、ジムへ行く度に全身をトレーニングしていました。

ジムへは仕事が終わった後に通っていますので、ジムに着くと大体いつも6~7時くらいなのですが、いつも全身を鍛えていたので、帰りはいつも夜の12時くらいになっていました。

それから帰宅してご飯を食べて、寝て起きてまた仕事と言う生活を続けていました。この頃は週に2回くらい通っていたと思います。

しかし途中で部位ごとにトレーニングした方が良いことに気づき、今日は腕と胸、明日は肩と背中とトレーニング部位を日ごとに分けて行うようにしたところ、1回あたりのトレーニング時間も1時間くらいで済むようになり、日常生活もトレーニングも以前よりも楽に送れるようになりました。

また部位を分けた方がトレーニング時間が短くて済むので、最後まで集中してトレーニングを行えますし、腕の日であれば腕を徹底的にトレーニングする事ができるので、1回1回のトレーニングの質も向上します。

ぜひ自分のライフスタイルにあったスケジュールを立ててみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事