スポンサーリンク

ダンベルやバーベルには2種類の握り方があります。

トレーニング歴のある方なら、種目などで使い分けていると思います。初心者の方も重さやフォームに慣れて来たら、試してみてください。

スポンサーリンク

2種類の握り方

グリップの握り方には親指を巻かないサムレス・グリップと親指を巻き込むサムアラウンド・グリップとがあります。無意識に物を掴む時の握り方がサムアラウンドです。

サムレスとサムアラウンド

どちらか一方が絶対的に良いということはありませんが、ちょっとした違いがあります。

サムレス

サムレスのメリットはベンチプレスやショルダープレスなど、床に対して垂直に拳上を繰り返す種目の時に、前腕の延長線上に重りを乗せることができるので、ターゲットに効かせやすくなります。

また握りこまないので、サムアラウンドよりも腕の力を参加させずに、効かせたいターゲットにしっかりと効かせることができます。

またプル・ロウ系の引く動作の種目の場合もサムレスがおすすめです。腕に無駄な力が入らないので背中に効きやすくなります。

デメリットは親指を巻かないのでしっかりと握りこむことができないため、ダンベルなどを落下させてしまう可能性があります。実際に落下させてしまう人はほとんどいないので、あまり神経質になることもありませんが、気を抜かずに注意してください。

またトレーニングを始めたばかりの方や、自分でコントロールできないような高重量を扱う場合は危険なのでやらないでください。

サムアラウンド

サムアラウンドのメリットは親指も使ってしっかりと握るため、落下させる危険が限りなく無くなり、腕の力もサムレスよりは多く動員するので、サムレスよりも多少重い重量も上げることができます。

デメリットは親指を巻いて握ると拳上する時に、多少ではありますが自然に手首が返り手首に負担が掛かります。そして腕の力の動員が増える分、ターゲットへの負荷が多少落ちてしまいます。

トレーニング初心者の方は多少負荷が落ちたとしても、ケガのリスクが少ないサムアラウンドの方が良いです。ケガをしてトレーニングを休んだのでは元も子もありません。

以上のことを踏まえた上で、時々グリップを変えてみたり、違いを感じてみても面白いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事