トレーニングで真面目過ぎるのはNGな理由とは?
スポンサーリンク

トレーニング熱心なのはとても良いことですが、あまりにも真面目過ぎるのはトレーニング効果を落としているかもしれません。

スポンサーリンク

真面目過ぎるのがNGな理由とは?

筋肥大に有効な重量は8~15RMなので、10RMでトレーニングしている方が多いと思います。この重量設定は人それぞれですし問題はありません。

10RMとは10レップで反復不可能になる重量設定ですが、その日の体調や気分によって8レップしかできない時もあれば12レップできる時もあります。問題は12レップできる時もあるという所です。

トレーニングを始めたばかりの人に多いのが、真面目過ぎるゆえに10レップと決めたらまだ余力があっても10レップしか行わないことです。

筋肥大の基本はオールアウトまで追い込むことです。10RMと設定したから10レップしか行わないのではなくて、毎回しっかりとオールアウトまで行いましょう。

スタートからのレップは最後の1レップのためとも言われますし、力を振り絞った最後の1レップを行なうことでより高いトレーニング効果を得ることができます。

スポンサーリンク
おすすめの記事