スポンサーリンク

トレーニング効果をより高めるために筋肉を限界まで追い込む必要がありますが、限界まで筋肉を追い込む時に使われるテクニックにチーティングというのがあります。

そしてチーティングと相反しているストリクトというのもあります。今回はこの二つを紹介しようと思います。

スポンサーリンク

チーティングとストリクト

【cheat】だます・ごまかすの意味
二頭筋のトレーニングでアームカールを限界まで行うとします。通常であればここで終了となりますが、ここから更に体の反動や二頭筋以外の筋肉を使い拳上することテクニックをチーティングと言います。
【strict】厳格な・厳密なの意味
チーティングとは逆にターゲットとなる筋肉以外の筋肉を使わずに拳上することをストリクトと言います。アームカールで言えば肘はほとんど動かさず体の反動も使わずに行なう方法です。
スポンサーリンク

筋トレの基本はストリクトで行う

トレーニングの基本はストリクトなフォームで行います。普段ほとんどの方が行なっているのがこのストリクトフォームです。

チーティングの基本的な使い方は、ストリクトフォームでこれ以上拳上できない状態まで追い込んだ後に、さらに数レップス繰り返し筋肉を限界まで追い込む時に使います。

筋肉は上げる時よりも下ろす時の方が大きな力を発揮できるので、チーティングで拳上して下ろす時は重力に逆らいブレーキを掛けながら等速で下ろします。

またチーティングはトレーニングに慣れている人が行なうテクニックで、普段ストリクトでは扱えない重量も扱えます。初心者の方や軽い負荷しか扱えないような人はやらない方が良いです。

まだ基礎体力もしっかりと付いていないような方だとケガのリスクが高まるからです。

さらにうまくチーティングをできれば良いのですが、他の筋肉に頼りすぎるチーティングはターゲットの筋肉にあまり刺激がいかず
結果他の筋肉を鍛えていたなんてことになりかねません。

それよりはストリクトで扱える重量でしっかりとトレーニングを行なった方が余程良いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事