スポンサーリンク

私の場合はアイロテックのプレートラックレギュラータイプを使用しています。購入を決めた理由は3つあります。

アイロテックのプレートラックを選んだ理由
  1. シンプルで使いやすそう
  2. 価格が手頃
  3. 同じメーカーの物で揃えたかった

デザインに拘りはなく床に散らかったプレートを整理できたら良かったので、シンプルで使いやすそうなこのプレートラックを選びました。

同じデザインで価格も同じような物が他メーカーから発売されていますが、個人的にアイロテックで揃えたかったので、アイロテックのプレートラックに決めました。

アイロテックのプレートラックレギュラータイプの詳細はこちら

スポンサーリンク

アイロテック セイフティーラックワイドタイプの開封時の様子

開封作業の様子を写真に収めたのでご覧ください。


この状態で届きました。届いた時は「でかっ!」って思いました。(笑)


ダンボールを開けてみると中はほぼ完成品でした。


ボルト、ナット、ワッシャーは真空パックで入ってます。これなら失くさないですね^^


全て開封してもこれしかありません。あとは組むだけです。


ナットの中に緩み防止のパッキンが入っていてかなり固いため、モンキーレンチが必ず2つ必要です。私はラチェットがあったのでラチェットとモンキーで作業しました。


説明書を見ずにボルト側にワッシャーを付けて組み立てたのですが、組み立て後に説明書を確認するとナット側に付けるように記載されていたため直すはめになりました。説明書はしっかり読みましょう!


何かに立て掛けて作業すると作業しやすいです。この時、まだ本締めの一歩手前くらいで止めます。仮止め状態です。


プレートラックの足を壁にピッタリくっつけて少し離れて見ると壁と水平を比べられるので、まっすぐにします。まっすぐにしたら本締めをします。


10~15分くらいで完成です^^

プレートラックがあるとスペースも見た目もスッキリです。これならまだまだプレートが増えても安心です。

アイロテックのプレートラックレギュラータイプの詳細はこちら

スポンサーリンク

その他の筋トレ器具のレビュー

スポンサーリンク
おすすめの記事