スポンサーリンク

「脂肪を燃焼しやすくする」でお馴染みのヘルシア緑茶ですが、なぜ脂肪が燃焼しやすくなるのでしょうか?

答えは茶カテキンによる効果にあります。茶カテキンとはポリフェノールの一種で苦味や渋味のもとになっている成分です。

この茶カテキンですが、1日に必要な摂取量はまだよく分かっていないそうなのですが、多くの実験から大体どの製品も500~600mg程度に設定されているようです。

ヘルシア緑茶も1本あたり540mgのカテキンを含有しており、脂肪燃焼効果を得るには十分の量を含んでいます。

ただし茶カテキンは摂取したからといってすぐには効果表れません。長い間摂取し続けることではじめて効果が表れます。また摂取するタイミングですが、食事中か食後が好ましいです。

スポンサーリンク

毎日ヘルシア緑茶を飲んでいれば良いのか?

一定期間茶カテキンを摂取し続けなければ脂肪燃焼効果はありませんが、毎日ヘルシア緑茶を買っていたら結構お金が掛かります。

そこであまりお金を掛けずに茶カテキンを摂取する方法を紹介しようと思います。

その方法とはTパックのお茶を買って来て濃い目に煮出しする方法です。これならかなりお金を節約できます。

ちなみに普通のお茶に含まれるカテキンの量は100mlあたり80~100mgです。

ヘルシアと同量のカテキンを摂取するにはこれを約700mlくらい飲めば良い計算です。一度に飲みきるのは大変ですが、1日に何回かに分けて飲めば楽に飲みきれる量です。

意外に知られていませんが、番茶からも茶カテキンを摂取することができます。緑茶よりも安価で購入できますし、十分な茶カテキンを摂取できます。

カテキンは80度以上の熱湯で溶け出すので、十分な量を摂取するには80度以上の熱湯で1分間ほど煮出せばOKです。

これをポットなどに入れて持ち歩けば、いつでも飲めますので手軽に茶カテキンを摂取することができます。一度煮出したものについては冷やしても大丈夫です。

毎日ヘルシア緑茶を飲んでいるなら、この方法でかなりお金を節約することができます。

スポンサーリンク
おすすめの記事