有酸素運動を継続させるコツとは?


「がんばるぞ!」と始めたランニングも気がつけばぱったりと止めていたりしませんか?

ランニングはもっとも手軽に出来る有酸素運動です。
逆を言えば、手軽ゆえに簡単に止めてしまいがちです。
ここではいくつかの長続きさせるコツをご紹介したいと思います。

ちなみに一番多いのは音楽を聴きながら走ることではないでしょうか?

最近は音楽プレイヤーもコンパクトで大量の音楽が入るので、ランニングの邪魔にもなりませんし、街で見かけるランナーで一番多い方法ですね。

音楽以外の方法をいつくかご紹介致しますので試してみて下さい。


続けるコツ1 : 時間よりも頻度が大切

有酸素運動は始めてからすぐには脂肪は燃焼しません。
脂肪よりも先に糖質がエネルギーとして使われるので、脂肪が効率良く燃焼し始めるには20分以上走り続けなければいけないと聞いた事はありませんか?

しかし実は20分間連続で走ろうが、10分間を2回に分けて走ろうが、脂肪の燃焼量にはさほど変わりはないと言う事が明らかになったそうです。

ですから、ランニングが20分以上続かない方や続けることが出来ない方は無理をせずに、10分間のランニングを数回行えば問題ありません。1週間に一度だけ60分走るよりも毎日10分走る方がよほど効果的だと言われています。

無理をして20分以上走り、それを何日間か続けて辛くなったり、面倒くさくなったりして止めてしまうよりは、毎日10分間だけ走って、“走る習慣”を身に付ける事が大切なのです。


続けるコツ2 : 疲れたら歩いても良い

運動経験の少ない方が初日から30分間走り続けるのはしんどいと思います。
理由は筋力不足や持久力不足などが挙げられます。

ではどうすれば良いのか?
答えは簡単です。

歩けば良いんです!

30分間ずっと走り続けなくても、途中で疲れたらウォークに切り替えて、ここから5本目の電柱まで歩くなどと自分で目標を決め、それを過ぎたらまた走るなどのように、ランニングとウォーキングを切り替えれば良いんです。

“歩く=サボる”ではなく、“歩く=ウォーキング”と考えれば、あまり抵抗はないと思います。これを繰り返すうちに走れる時間や距離も延びていくはずです。


続けるコツ3 : ペースを変えて走る

ランニングなどの有酸素運動の最中に他の人は何を考えて走っているのか気になった事はありませんか?

仕事の事を考えながら走ったり、帰ったら何をしようだとか考え事をしながら走っている人もいれば、「まだ10分しか経っていないのか」と退屈に思う人もいると思います。

もしあなたが退屈だと思って走っているなら、ペースを変えてみると良いかもしれません。

例えば初めの5分間はいつものペースで走り、次の5分間は少しペースを上げ速く走り、次の5分はまた初めと同じくいつものペースで走る。これを繰り返していけば、気持ちが5分毎に入れ替わり、同じ30分でも一定のペースで30分間走り続けるよりも時間が短く感じられます。

いかがでしたでしょうか?
ちょっと工夫をするだけで意外と続けることが出来ちゃったりします(笑)

誰かと競争しているわけでもありませんし気張らずにマイペースで続けましょう!


筋トレ器具をお探しならこちらをご覧ください!
 筋トレ器具比較サイトはこちら

自宅トレーニングにあると便利なアイテムをご紹介!
 自宅にあると便利なトレーニンググッズの紹介はこちら

トレーニングの必需品!機能性の高いトレーニングウエアで気分を高めよう!
 おすすめのトレーニングウエアはこれだ!



コメントは受け付けていません。