体幹トレーニングをする事で起こる体の変化とは?

体幹トレーニング


最近、体幹と言う言葉を良く聞きますが体幹とは何なのでしょうか?
一般的に体幹とは“腕と脚の四肢と頭以外の胴体部分”と捉えられています。

ざっくり言うと胸部、腹部、腰部、背部の4つの部位から構成されていて、ここを鍛える事を体幹トレーニングと言います。

また、体幹は骨の近くのインナーマッスルと、体の表面近くのアウターマッスルに分けられます。インナーだけ鍛えるなど意識的に片方だけを鍛えるのは難しいですが、どちらも均等に鍛えるのが理想です。

体幹が弱いと姿勢が悪くなったり、腰痛の原因になったりもします。
逆に体幹を鍛えると、接触のあるスポーツなどでも姿勢を保ち、体全体のバランスを取ることで当たり負けしなくなります。

野球のイチロー選手やサッカーの長友選手など、多くのプロスポーツ選手やアスリートの人たちが、トレーニングに体幹トレーニングを取り入れています。
では、もう少し具体的に体幹トレーニングの効果をご紹介したいと思います。


効果1 : 内臓が引き上がり姿勢が整う!

体幹の中で腹部は周りを骨に囲まれておらず、骨と言う壁がない分へこみもしますが、脂肪が増えれば簡単にぽっこりお腹にもなってしまいます。

ぽっこりお腹になるとお腹が前に出ることで骨盤は前傾し内臓は下がります。
さらに内臓が下ることでそれを受け止めようとする格好になるので、本人の意志とは関係なく、無意識のうちにガニ股になってしまいます。

しかし、腹直筋、腹斜筋、腹横筋などを鍛えることで腹圧が上がり、内臓は本来の位置に引き上がり骨盤の位置もリセットされ、背骨のS字カーブも整い自然と美しい姿勢になっていきます。

接触の多いスポーツなどで、ビクともしない体はこれらの体幹を鍛えることで実現します。


効果2 : 肩こりや腰痛の改善!

体幹トレーニングを続けるとインナーマッスルやアウターマッスルが多少なりとも筋肥大し筋力アップします。

筋力が上がれば背骨のS字カーブを維持でき、正しい姿勢をキープする能力が身につきます。結果、肩や股関節に掛かる負担を軽減することができます。

さらに猫背が改善され、以前よりも関節の可動域が広がり、高く手を挙げることが出来るようになったりもします。背骨の動きをしっかりと使えれば、大きく体を使えるので血流が促されます。結果、血行不良による腰痛や肩こりの改善につながります。


効果3 : 太りづらい体質になる!

体幹トレーニングにより筋肉量が増えると基礎代謝量も比例して増えます。
基礎代謝とは運動などしなくても自然と消費するカロリー量のことを言います。
成人男性で1500kcal、成人女性で1200kcalが一般的な量です。

たとえば、筋肉量が増えて基礎代謝量が1800kcalになれば、今までは1800kcalの食事をし、300kcalオーバーして脂肪として蓄えられていたのが、プラスマイナスゼロで脂肪が付かない体になったわけです。

さらに硬くなっていた筋肉がほぐれ血流が良くなり、基礎代謝の底上げになります。結果、太りづらい体質へと変わっていきます。


体幹トレーニングの効果まとめ

  •  内臓が引き上がり姿勢が整う!
  •  肩こりや腰痛の改善!
  •  太りづらい体質になる!

何かスポーツをしていて、筋力トレーニングしかやっていないのであれば、体幹を鍛える事で競技レベルが上がるかもしれません。

たとえば、競技中は腕や脚の筋肉を激しく動かして運動していますが、腕を動かした時に一番初めに動く筋肉は腕ではなく体幹部の筋肉です。つまり、運動する時の初動は体幹部で、そこから腕へと連動しています。

この一番初めに動く体幹部を鍛えることで、よりスムーズな動きをする事が出来るようになるわけです。よりスムーズに動くことが出来れば、結果的に競技レベルの向上につながります。

体幹トレーニングはあまり道具も必要ありませんので、自宅で行うことができますし、ぜひ実践してみて下さい!


体幹の中でも特にお腹周りを気にしている方は多いはず。
そんな方にオススメの記事があります。
 お腹を引き締める方法

その他の体幹トレーニングはこちらからどうぞ!
 体幹トレーニングメニュー

自宅トレーニングにあると便利なアイテムをご紹介!
 自宅にあると便利なトレーニンググッズ

トレーニングの必需品!機能性の高いトレーニングウエアで気分を高めよう!
 おすすめのトレーニングウエアはこれだ!



コメントは受け付けていません。