自宅にあると便利なトレーニンググッズ!

トレーニンググッズ


トレーニングを始める際、道具を使わず自重トレーニングから始めるのも良いと思います。
しかし当たり前ですが自重トレーニングには限界があります。

自重トレーニングを続けるうちに、初めは順調だった筋肥大も負荷に慣れてしまい急に筋肥大のペースが落ちてきます。そこで役立つのが様々なトレーニンググッズです。

ダンベルなどを使うと今まで以上の負荷でトレーニングが行え、トレーニングの幅が広がり効率よく筋肥大を目指せます。
また新しいトレーニングをする事で、トレーニングのマンネリ化を防ぎ、モチベーションも上がりトレーニングの継続にも繋がります。

こうした理由から、超初心者以外の方ならトレーニンググッズを使った方が断然良いです。
むしろある程度トレーニングを続けていると必ず必要になります。

ここではトレーニングに使えるおすすめのアイテムをご紹介していますので、ご自身に合った物、気になった物を使って効率良くトレーニングをしてみて下さい。

主要メーカーのトレーニングウエアの解説はこちらです。
 テンションが上がる機能性トレーニングウエア!


ダンベル

やはりなんと言ってもダントツで役に立つのがダンベルです。
ダンベルがあるだけでトレーニングの幅がものすごく広がり全身鍛えることが出来ます。

自重トレーニングに慣れてきたら、ダンベルで負荷を加えたトレーニングをしましょう。

 ダンベル選びのポイント!
鉄アレイのようなウエイト固定式ではなく、重さを変えれるダンベルの方が機能的、値段的にも圧倒的に良いので、重量を変えられるものを選びましょう。

重量については男性は片手30キロ×2の60キロセット、女性なら片手10キロ×2の20キロセット辺りが良いです。

 私の使用しているダンベルのレビューはこちら
 ダンベルを使ったトレーニングのご紹介


グローブ

重いダンベルなどを扱っていると手のひらにマメが出来ます。
私も初心者の頃は素手でトレーニングをしていましたが、豆が出来て痛くてトレーニングに集中できないので、グローブをするようになりました。グローブをすると豆防止の他にも、グリップ力が上がるので滑って床に落とすなどの事故も防げます。

トレーニング頻度やトレーニング強度にもよりますが、グローブは数ヶ月使うと破けてきますのでその都度購入します。私の場合はデザインが好きでいつもアディダスのグローブを購入しています。


バランスボール

不安定な状態を作ることができ、体幹トレーニングなどに使えます。
身長が165cm以下なら55cm、185cm以下なら65cmくらいで問題ないと思います。
 バランスボールを使ったトレーニング


バランスディスク

こちらも不安定な状態を作れて体幹トレーニングに使えます。
 バランスディスクを使ったトレーニング


ストレッチポール

 注意
ストレッチポールとはLPN社製の登録商標で、LPN社製の物が正規品となります。
似た形の商品はたくさんありますが全てストレッチポールとは別の商品です。

ストレッチポールは肩、背中、腰のストレッチの他にトレーニングにも使う事が出来ます。
種類はMXシリーズとEXシリーズがあり、EXは直径が15㎝と大きく硬さもあります。
MXは直径が12.5㎝と少し小さく、中身が2重構造になっていて、中心は硬く表面は柔らかくできているので体への圧が軽減されます。高齢者や女性、体の小さい方はMXの方が良いかもしれません。

形は円タイプと半円タイプがあり、カラーバリエーションも5色と豊富にありますので、ご自身に合った物をお選びください。

ちなみに私はEXを使っていますが、初めは少し固いかな?と思いましたが、慣れるとこれぐらいで良かったなと思っています。

EXシリーズ

直径が15㎝と大きく硬さもあるスタンダードタイプです。
カラーは全部で5色あります。


MXシリーズ

直径が12.5㎝と少し小さく、中身が2重構造になっているタイプです。
中心は硬く表面は柔らかくできているので体への圧が軽減されます。
高齢者や女性、体の小さい方はMXの方が良いかもしれません。
カラーは全部で5色あります。


ハーフカット

ハーフカットにはMXやEXなどの種類はなく1種類しかありません。
かまぼこ型でバランスが取りやすく円柱形の不安定さが苦手な人におすすめです。
ハーフタイプは2個付いて来ます。
カラーは全部で5色あります。


腹筋ローラー

かなり腹筋に効きますが腰にも負担が掛かるのでやり過ぎには注意です。
ストッパー付きと付いていない物がありますが、ストッパー付きだと自分の好きな所でピタッと止めることができます。ちなみに私はストッパー付きの物を使っています。
 腹筋ローラーを使ったトレーニング


ヨガマットとトレーニングマット

フローリングの上で運動を行なうと騒音や床の堅さが気になりますし、床が傷つく可能性もあります。トレーニングマットがあれば、それら全ての問題を解決できるので、購入して損はありません。
 私の使用しているトレーニングマットのレビュー




コメントは受け付けていません。