フォーストレップス法で筋肥大を加速させる!

以前の記事で筋肥大を加速させる方法として、ディセンディング法とホリスティック法をご紹介しましたが、それに加えてもう一つ本気で筋肉を大きくしようと思うなら、必ず取り入れてほしいトレーニング方法があります。  ディセンディング法とホリスティック法で筋肥大を加速させる! フォーストレップス法 筋肉を本気で大きくさせたい人に是非取り入れて頂きたいトレーニング法とは、フォースト

続きを読む

トレーニングの3原理5原則の解説!

トレーニングには基本的な3つの原理と5つの原則があります。 3原理とはこうゆうトレーニングをすると体はこう変化するといった基本原理。 5原則とはトレーニングの基本ルールです。 トレーニングはただ単にやれば効果が出るものではありません。 ここではその原理原則をご紹介します。 トレーニングの3原理 1 : 過負荷の原理 トレーニングで体に変化を求めるなら一定レベル

続きを読む

BCAAで筋肉の分解を抑えよう!

今回ご紹介するサプリメントはBCAAです。 BCAAとは必須アミノ酸であるバリン・ロイシン・イソロイシンという3つのアミノ酸の総称で、分岐鎖アミノ酸とも呼ばれています。 BCAAにはどんな効果があるのか? 激しい運動やトレーニングをすると筋肉が分解されBCAAが作られ、そのBCAAがまたエネルギーとして使われます。筋肉の分解は出来るだけ避けたいので、その対策としてトレ

続きを読む

今ある筋肉を維持する為のトレーニング頻度とは?

超回復を考慮して同一部位は2~3日置きにトレーニングを行いますが、仕事の都合などでどうしてもトレーニング出来ない日が続くことがあります。 なかなかトレーニング出来ないとせっかく付けた筋肉が落ちてしまうのではと不安になりませんか?私はなってしまいます(笑) 一度付けた筋肉はどれくらいの頻度でトレーニングを行えば維持できるのか? いくら筋肉がある人でもトレーニングを止めて

続きを読む

トレーニングのマンネリ化を防いで効果アップ!

普段行っているトレーニングメニューはご自身で決めていると思いますが、もし4ヶ月以上も同じメニューをこなしているのであれば、そろそろトレーニング効果が止まっているかもしれませんよ! トレーニング効果が止まってしまう理由は、単純に同じトレーニングばかりで体が慣れてしまうからです。 これは誰にでも起こる事で、トレーニングを始めた頃よりも効果が実感出来なくなっている人も実際にいると

続きを読む

競技能力向上を体感できるクレアチンとは?

前回の記事でHMBを摂取する事で、筋トレの効果が2倍以上になると話しましたが、クレアチンを一緒に摂取すると相乗効果で、HMBのみを摂取した時よりもさらに効果が高いことが分かっています。 前回はHMBについてご紹介しましたので、今回は"クレアチン"について解説します。  飲むだけで筋トレ効果を2倍にするHMBとは? 飲めば違い分かるサプリメント!それがクレアチン! ク

続きを読む

飲むだけで筋トレ効果を2倍にするHMBとは?

筋肥大には運動・栄養・休息の3つの要素全てが必要ですが、筋力トレーニングばかりを重要視し、栄養と休息を軽視していたりしませんか? もしそうなら筋トレの効果を最大限得られていない可能性があります! 日々理想の体を目指してトレーニングをしているわけですから、トレーニングで得られる効果を最大限に引き出したいと思いますよね? それなら栄養や休息にもこだわらなければなりません。

続きを読む

必須アミノ酸と非必須アミノ酸を解説する!

アミノ酸はタンパク質を構成している最小単位の物質で、20種類のアミノ酸からタンパク質は構成されています。ちなみにタンパク質は最小単位であるアミノ酸が50個以上つながった状態のものを言います。 たんぱく質を合成するアミノ酸は、人の体内で合成できる"非必須アミノ酸"と、体内で合成できない"必須アミノ酸"の2種類に分類されます。 必須アミノ酸は体内で合成することが出来ないため、食

続きを読む

ディセンディング法とホリスティック法で筋肥大を加速させる!

筋肥大を目的としたトレーニングの場合、8~12RMの負荷で行なうのが基本です。 詳しく書いた記事があるのでそちらをご覧ください。  トレーニングの6つの基本ルールを理解する! しかしある程度トレーニングを行なって筋力が付いてきたら、これからご紹介する方法でトレーニングすることで筋肥大を加速させる事ができます。 ディセンディング法 筋肥大を加速させるトレーニング法の

続きを読む

心拍数を意識して有酸素運動の効果を得る!

普段何気なく行なっているランニングなどの有酸素運動ですが、運動不足の方や運動経験の少ない方ならとりあえずは、無理なく自分のペースで続けることを意識してください。 対して、運動経験があり普段から運動をしている方なら、ランニングをする際、心拍数を意識してみてはどうでしょうか? 筋力トレーニングに筋肥大が起こりやすい負荷、最大筋力を増やすための適切な負荷があるように、有酸素運動に

続きを読む